鶴岡ロータリークラブ 役員・年度計画


役員

役員
会長 佐藤 詩郎 副会長 西川富美子 会長エレクト 榎本久靜子
幹事 越智 茂昭 会計 富樫 松夫 会計監査 本間  厚
会場監督 佐々木仁道 直前会長 菅原 成規
理事会
会長 佐藤 詩郎 副会長 西川富美子 会長エレクト 榎本久靜子 会場監督 佐々木仁道
直前会長 菅原 成規 幹事 越智 茂昭 会計 富樫 松夫
理事 会員増強・会員維持委員会理事 佐藤 友行 クラブ広報委員会理事 菅原 成規
クラブ管理運営委員会理事 武田 啓之 クラブ奉仕プロジェクト委員会理事 高橋 弘美
ロータリー財団委員会理事 冨田喜美子 オブザーバー(ガバナー補佐) 佐藤 孝子
長期計画委員会
委員長 藤川 享胤 副委員長 佐藤 友行 委員 富樫 松夫 越智 茂昭
職業奉仕委員会
委員長 富樫 松夫 副委員長 榎本久靜子 委員 武田 啓之
委員会
常任委員会
    理事
特定委員会
委員会 委員長 副委員長 委員
副会長

西川富美子

会員増強
  会員維持
佐藤 友行
職業分類
会員選考
会員増強
会員維持
榎本久靜子 前田  優
クラブ広報

菅原 成規
クラブ会報
ICO・雑誌資料
小林 健郎 真島 吉也 本間  厚
ロータリー情報
広報
鈴木 幸二 佐藤 孝子 小林 健郎
クラブ管理運営

武田 啓之
SAA・出席 佐々木仁道 迎田  健 高橋 弘美 土田 拓男 高橋 隆人 松田 正彦
プログラム 樋渡美智子 菅原 成規 高山 裕司
親睦・姉妹友好 高山 裕司 西川富美子
会長エレクト

榎本久靜子

クラブ奉仕
   プロジェクト

高橋 弘美
社会奉仕 土田 拓男 菅原 成規 上野 欣一
国際奉仕 加藤 一弘 本間  厚
IAC・RAC
青少年交換
高橋 隆人 鈴木 幸二
ロータリー財団

冨田喜美子
ロータリー財団 冨田喜美子 真島 吉也 松田 正彦
米山奨学会・学友 西川富美子 上野 欣一 迎田  健
国際ロータリー第2800地区委員等
ガバナーノミニー 佐藤 孝子
諮問委員会委員 PDG 藤川 享胤
DGN 佐藤 孝子
地区委員 佐藤 孝子 (第2グループガバナー補佐)
越智 茂昭 (青少年奉仕委員会ローターアクト小委員会委員長)
富樫 松夫 (クラブ奉仕委員会委員)
菅原 成規 (社会奉仕委員会委員長)
西川富美子 (米山奨学・学友委員会委員)
鶴岡4RC事務局運営委員 佐藤 詩郎 越智 茂昭 榎本久靜子

2020-2021年度委員会活動計画

長期計画委員会(Long-Range plan)

1 今年度第2分区のガバナー補佐を務められる佐藤孝子ガバナー補佐を全面的に支援する。 特に11月14日(火)に開催予定のIM開催には最善をつくす。

2 次々年度の佐藤孝子ガバナー誕生に地区大会、地区組織等に積極的な支援をする。

3 その為にも会員増強5名を目標にしたい。

職業奉仕委員会 (Vocational Service)

今年度、職業奉仕委員会は榎本副委員長、武田委員と私の3人で、地区の目標をクラブの目標と掲げ取組んで参ります。

〇 クラブ管理運営委員会と連携を図り、ロータリアンの行動規範の唱和並びにクラブ会員(自社の経営(企業)理念・経営方針・特徴等)のスピーチ及び職業奉仕月間に合わせて卓話の推進に取組みます。

〇 職業奉仕フォーラムの開催。

〇 ちわら菜の花こども園への職場訪問開催(時期は未定)。

このページのトップへ

1.会員増強・会員維持委員会 (Club Membership Attract & Retain)

今年度も会員数維持と純増一名をめざす。 前年度から世界的規模で広がっている新型コロナウイルスによる疫病が国内では沈静化しつつあるものの第2波第3波に備えてまだまだ気を抜く事が出来ない社会のしくみが大きく変わりつつあり現在状況を見極めながらロータリー活動を続けていく、RCにとっても試練の時はつづく、こんな中で何が出来るかとうすればよいかを会員の皆さんといっしょに考えていきたい。

①職業分類・会員選考・会員増強・会員維持委員会
(Classifications & Membership & Club Membership Attract & Retain)

今年度も厳しい状況からのスタートとなりました。現在の会員数を維持しながら「純増1名」を目標に会員一丸となり活動していきたいと思いますのでご協力お願いします。未知のコロナウイルス感染予防によるロータリー活動も新しい生活様式に沿った「カタチ」となりますが、「会員維持」の点でも皆んなで何が出来るかを考えていきたいと思います。

このページのトップへ

2.クラブ広報委員会 (Club Bulletin)

鶴岡RCはしっかりとロータリーを勉強していくクラブです。昨年度は新型コロナウイルスの影響でインフォーマルミーティングの開催が1回になりましたが、例年通り2回開催して、佐藤会長のクラブ目標、「ロータリークラブの価値を再認識のために機会の扉を開こう」を達成していきたいと思います。また、2委員会連携し、クラブ内での情報伝達、外部への奉仕活動の情報発信をしていきたいと思います。

①クラブ会報・ICO・雑誌・資料委員会
(Club Bulletin & Internet Communication Officer & Magazine & Data)

1 クラブ会報は例会毎の発行であるので、限られた紙面で有効な情報伝達を心がけ、魅力ある会報となるよう従来の良さを学びながら思考する。

2 広報委員会とタイアップも考えて、外部への後方をマスコミを活用し積極的に行っていく事としたい。

②ロータリー情報・広報委員会
(Rotary Information & Public Relations)

〇インフォーマルミーティングは例年通り年2回開催する。

・開催予定日

第一回  9月 8日(火)

第二回  3月16日(火)

〇RI,地区等の情報を会員に提供するとともに,クラブの奉仕活動などをマスコミを活用しながら外部へ発信し,クラブの理解活動を促進する。

このページのトップへ

3.クラブ管理運営委員会(Club Administration)

・コロナ禍による影響が見通せない状況ではありますが、例会のニューノーマル化への取り組みを定着させる展開を図り、視野を広げるプログラム等、スムーズな運営を通して出席率の向上を目指して参ります。

・他委員会の奉仕活動がより良くなるよう連携した取り組みを心掛けていきます。

・延期?になっている姉妹クラブの周年行事のフォロー及び本ロータリー年度に予定されている台湾における姉妹クラブの台中港区扶輪社との続盟式への参加を推進致します。

①S・A・A・出席委員会(Sergeant-At-Arms & Attendance)

〇コロナウイルス感染拡大防止に気を付けなければいけない状況下、密閉・密集・密接の三密に注意し、ソーシャル・ディスタンシングを確保しながらの例会運営に努める。

〇SAA委員全員で役割を分担し、会長、各委員会等と打合せを綿密にし、円滑な例会運営に努める。

〇各委員は出来るだけ早めに例会会場に集合し、襷を着用、適正な例会の運営と管理に努める。

〇前年度に習い、毎月の第一例会は「国歌」斉唱、第二例会は「ロータリーの目的」、第三例会は「ロータリーの行動規範」唱和、第4例会は「鶴岡市民憲章」唱和を実施したい。

〇食事や談話で情報交換など有意義な時間を共有し、出席率向上に繋がるよう努める。

〇会員の例会への欠席連絡を励行し、フードロスを減らすよう努める。

〇上記の件に関し、会員皆様にご協力をお願いしたい。

②プログラム委員会 (program)

毎月の例会時におけるプログラムの計画を立てる事になりますが、そのためにも、幹事さんお全面的なご協力をいただく。

1 多種多様な内容のプログラムを計画実行する。

2 会員の皆様が興味と期待を持てる様な内容とゲストなど幅広くお願いしていく。

③親睦・姉妹友好委員会 (Fellowship Activities & Sisters)

このページのトップへ

4.クラブ奉仕プロジェクト委員会 (Club Service Project)

クラブ奉仕プロジェクト委員会は、社会奉仕・国際奉仕・青少年奉仕を担い、他委員会はもとより、他クラブ、地元の各団体とも協力しながら活動を行っていきます。

1 社会奉仕委員会

例年通りの活動を実施予定ですが、行政や他団体との情報共有・連携をしながら行います。

2 国際奉仕委員会

国際奉仕については近年実施されていませんが、勉強する機会を設けたいと思います。

3 IAC・RAC・青少年委員会

例年通りの活動をできる限り実施して交流と支援を行い、さらに絆を深めていきます。

具体的には各く委員会の計画によります。

会員皆様のご協力をお願いいたします。

①社会奉仕委員会(Community Service)

社会奉仕を通じて社会に貢献していくことはもちろんですが、共に汗を流し、会員相互の絆を更に深めていきたいと思います。

1 地区補助金の活用

今年度は引き続き湯野浜温泉の足湯所の改修工事を実行いたします。

また、次年度の地区補助金の申請については会員の皆さんのご意見を伺いながら申請を行ないたいと思います。

2 他ボランティア団体との協力促進

インターアクト、ローターアクトクラブ等と連携協力しながら、内川清掃への参加、湯野浜の海岸清掃などを実施していきます。

②国際奉仕委員会(lnternational Service)

1 ロータリー財団の冨田委員長と米山奨学学友の西川委員長と連絡を密にして財団と米山に最大の支援をしてまいりたい。

2 青少年交換留学生との交流を計りたい。

③IAC・RAC・青少年委員会(Interact & Rotaract & Youth)

インターアクト、ロータアクト、青少年交換の各委員会が培ってきた交流と支援を継続、そして更なる「絆」を深めて参ります。

1 インターアクト

鶴岡東高等学校インターアクトクラブ顧問の先生と連携をとりながら支援してまいります。

・イベント例会での会員との交流流

・社会奉仕を通じてのローターアクトとの交流

2 ローターアクト

鶴岡ローターアクトクラブ例会に参加して支援してまいります。

・例会参加 会員増強

・成長と変化を感じながら、共にロータリアンとしての意識を高めて参ります。

・イベント例会での会員との交流

3 青少年交換

イベント例会への招待を通じて交流・親睦・「絆」を深めて参ります。

このページのトップへ

5.ロータリー財団委員会(Rotary Foundation)

1 ロータリー財団委員会はロータリー財団、米山奨学・学友委員会でそれぞれ地区目標があります。
 委員会の報告、委員会主体の勉強会、また米山奨学生のサブ世話クラブの登録を行い奨学生からの卓話などにより、皆様からご理解を頂き、目標を達成していきたいと思います。

 

ロータリー財団年次寄付金は1人150ドルを目標とします。この目標額が達成できるように、会員皆様に声掛けをしたり委員会の報告をいたします。内容をよくご理解いただきご協力をお願いいたします。

因みに、寄付金用の袋も棋院皆様宛てに用意してありますのでご利用ください。

①ロータリー財団委員会 (Rotary Foundation)

ロータリー財団年次寄付は、一人150ドルを目標とします。例年同様クラブ伝統である250運動を今年も実践致します。

会員の皆様には、ロータリー財団への寄付金に対するご理解を頂き、この一年間宜しくお願い致します。

②米山奨学・学友委員会 (Yoneyama Memorial、Alumni)

今年度も地区の寄付目標は15,000円/人ですが、🈧クラブとしては本年度もお一人20,000円の目標とし、会員も皆様のご協力をお願いいたします。

奨学生の受け入れはありませんが、第2ブロック奨学生又は学友のマリエッタさんの卓話などにより、米山奨学・学友の活動のご理解を頂きたいと思います。

このページのトップへ