鶴岡ロータリークラブ 役員・年度計画


役員

役員
会長 菅原 成規 副会長 冨田喜美子 会長エレクト 佐藤 詩郎
幹事 榎本久靜子 会計 佐藤 孝子 会計監査 本間  厚
会場監督 高橋 弘美 直前会長 武田 啓之
理事会
会長 菅原 成規 副会長 冨田喜美子 会長エレクト 佐藤 詩郎 会場監督 高橋 弘美
直前会長 武田 啓之 幹事 榎本久靜子 会計 佐藤 孝子
理事 会員増強・会員維持委員会理事 佐藤 友行 クラブ広報委員会理事 富樫 松夫
クラブ管理運営委員会理事 阿部 純次 クラブ奉仕プロジェクト委員会理事 越智 茂昭
ロータリー財団委員会理事 西川富美子
長期計画委員会
委員長 藤川 享胤 副委員長 佐藤 友行 委員 富樫 松夫 越智 茂昭
職業奉仕委員会
委員長 武田 啓之 副委員長 本間 貴幸 委員 富樫 松夫
委員会
常任委員会
    理事
特定委員会
委員会 委員長 副委員長 委員
副会長

冨田喜美子

会員増強
  会員維持
佐藤 友行
職業分類
会員選考
会員増強
会員維持
藤川 享胤 木村  節 佐々木仁道 鈴木 幸二
クラブ会報

富樫 松夫
クラブ会報
ICO・雑誌資料
小林 健郎 真島 吉也 高橋 弘美 越智 茂昭 松田 正彦
ロータリー情報
広報
佐藤 孝子 小林 健郎 佐々木仁道 高山 裕司
クラブ管理運営

阿部 純次
SAA・出席 高橋 弘美 加藤 一弘 冨田喜美子 高橋 隆人 松田 正彦
プログラム 樋渡美智子 高山 裕司 真島 吉也
親睦・姉妹友好 阿部 純次 冨田喜美子 前田  優
会長エレクト

佐藤 詩郎

クラブ奉仕
   プロジェクト

越智 茂昭
社会奉仕 土田 拓男 鈴木 幸二 高橋 隆人
国際奉仕 本間  厚
IAC・RAC
青少年交換
佐藤 詩郎 越智 茂昭 迎田  健
ロータリー財団

西川富美子
ロータリー財団 木村  節 加藤 一弘 前田  優
米山奨学会・学友 上野 欣一 西川富美子 佐藤 友行
国際ロータリー第2800地区委員等
諮問委員会委員 PDG 藤川 享胤
地区委員 榎本久靜子 (職業奉仕委員会委員)
越智 茂昭 (青少年奉仕委員会ローターアクト小委員会委員長)
菅原 成規 (社会奉仕委員会委員)
西川富美子 (米山奨学・学友委員会委員)
鶴岡4RC事務局運営委員 菅原 成規 榎本久靜子 佐藤 詩郎

2019-2020年度委員会活動計画

長期計画委員会(Long-Range plan)

1 次年度当クラブよりガバナー補佐を選出するので全面的にガバナー補佐を支援し、特に見事なI.M.開催に向ってその準備にとりかかりたい。

2 例年のごとくロータリー財団、米山奨学会に全面的な協力を申し上げたい。

3 更なるインフォー有るミーティングの充実をはかりたい。

職業奉仕委員会 (Vocational Service)

四つのテストをはじめとする職業倫理の実践を推進すべく、ロータリーモットーの理解を深め、会員一人ひとりの良い展開、発展に繋がるように以下の取組みを行ってまいります。皆様のご協力を宜しくお願いいたします。

〇 職場訪問の実施(渡会電気土木田代工場を想定)

〇 職業奉仕フォーラムの開催

〇 ロータリアンの行動規範の唱和を行う

このページのトップへ

1.会員増強・会員維持委員会 (Club Membership Attract & Retain)

当クラブも創立60周年をこえて人間で言えば第二の人生を歩み出したと言えます。大人のロータリーからさらにその上の熟年の大人として今後さらなる責任の重さを与えられたといえるのではと思います。こんな中での会員増強は言わば小さくてもピリリと辛い人材を求めていければと考えます。地域に埋もれている人材は必ずいるはずですすし、メンバー各位の長い人生の中での人間関係を総動員していただき純増2名、現会員数維持を目標としたいと思います。

①職業分類・会員選考・会員増強・会員維持委員会
(Classifications & Membership & Club Membership Attract & Retain)

1 組織の維持には会員増強は、必須条件であります。

2 今2800地区のクラブの平均会員数は32名で当クラブの会員数とほぼ同等であります。

3 前年度開催された当クラブ60周年記念式典に参加された地区内外のロータリアンから絶賛された如く吾クラブの会員の質は見事なものがあろうかと思います。

4 由にこの質を下げることなく純増3名を目標に増強を進めて参りたいと思います。

このページのトップへ

2.クラブ広報委員会 (Club Bulletin)

今年度鶴岡RCはCLP導入により組織変更、5常任委員会(11委員会)と2つの委員会(長期計画、職業奉仕)でシンプルな活動組織に変更になりました。クラブ広報(クラブ会報等、ロータリー情報等)2委員会は内部への情報収集・伝達、外部にはロータリーの崇高な奉仕活動を世間に情報発信することだと思います。

1 クラブ会報・ICO等委員会は現在会報を印刷配布しているが、印刷無し、HPで公開検討してみては?

2 各奉仕活動については、クラブHP、報道機関等を利用し、情報発信に取組む。

3 インフォーマルミーティング等を通じて、ロータリー会員同士の勉強会の実施。

①クラブ会報・ICO・雑誌・資料委員会
(Club Bulletin & Internet Communication Officer & Magazine & Data)

1 例会毎の発行であるので、限られた紙面で有効な情報伝達を心がけ、魅力ある会報となるよう従来の良さを学びながら思考する。

2 広報委員会とのタイアップも考えて、外部への広報をマスコミを活用し積極的に行っていく事としたい。

②ロータリー情報・広報委員会
(Rotary Information & Public Relations)

インフォーマルミーティングは例年通り年2回開催する。

RI、地区、クラブの情報を会員に提供する。

このページのトップへ

3.クラブ管理運営委員会(Club Administration)

今年度より、クラブ管理運営委員会は、「SAA・出席」(高橋弘美委員長)・「プログラム」(樋渡美智子委員長)・「親睦・姉妹友好」(阿部純次委員長)の3委員会の編成と成りました。

① SAA・出席委員会において、SAAは「会場監督」と言われておりますように、会員の出迎え・例会においては威厳を持ちつつ楽しく和やかな司りと、出席においては、なんと言っても出席率の向上だと思います。限りなく100%の出席率目指してみんなで頑張りましょう。

② プログラム委員会では、樋渡委員長の人脈と経験を生かしていただき、会員が大いに研鑽できるプログラムを期待し、楽しみにしております。
 会長・幹事・運営理事・SAA・親睦姉妹友好。事務局との連携も宜しくお願い致します。
 ゲストスピーカーなどスピーチを、お願いした方には原稿提出していただくようお願いする。

③ 親睦・姉妹友好委員長では、主に夜の冠例会の充実で会員相互の親睦がより深まるような企画運営と姉妹友好クラブとの交流が深度を増す交流を計っていただきたいと思っております。

 

クラブ管理・クラブ奉仕は、ロータリーの骨幹と言われております。
 ポール・ハリスは、寛容について次のように言っています。「お互いの欠点を我慢し合い、そして他人の信念に対する人間的思いやりを大切にしよう。理想的な寛容を・・・と」提唱し、「ロータリーは親睦と奉仕の調和の中に宿る」とクラブ運営に寛容な精神を求めております。

 

大久保ガバナーは、クラブ管理運営委員会に次のように求めております。

クラブ管理運営委員会は、最も大切なクラブ奉仕の委員会です。クラブ奉仕の意義やクラブ奉仕の目標をしっかりと理解していただき、クラブ、例会の重要性を全クラブ会員に理解していただくよう、次の6点を特にサポートお願いします。

(1) しっかりしたクラブ基盤の確立のためのサポートをお願いします。

(2) 例会の重要性、充実した例会の実施をお願いします。

(3) 出席率の向上、70%以上を目標に努力してください。

(4) メイクの重要性とメイク方法を、特に新入会員に伝授してください。

(5) クラブの中期計画の策定を推奨してください。

(6) クラブの活性化への対策をガバナー補佐と協働で考えてください。

と、6項目をガバナーより求められております。

ガバナーの思いを受け止め当クラブに足りないものを精査しながら充実感のある楽しいクラブ運営を目指して行きたいと思います。

 

スマイル ボックス = ニコニコ箱 についてのお願い

スマイル ボックスとは、例会場で会員が自由意思で善意の寄付金を入れる箱です。起源は、東京説・大阪説と定かではないがロータリー特有のもので、会員、家族、事業などの慶び事、お祝い事をニコニコしながら披露し慶びを分かち合います。

また失敗したり、迷惑をかけた時もユーモアたっぷり交えたりして、例会を賑わせて親睦を増進させます。集まったお金は主に奉仕活動資金に使用します。

クラブ奉仕のため、活性化のため、親睦のため、1例会10人以上を目標に皆さんにお願いしていきたいと思います。

会員皆さんの絶大なる協力をお願い致します。

①S・A・A・出席委員会(Sergeant-At-Arms & Attendance)

SAAは「会場監督」ということで、楽しく秩序正しく運営できるように、委員のメンバーと協力しながら進めていきたいと思います。

司会については、今年度も前年度同様に事前に月ごとに担当を決めて例会の進行をしていきます。また、今後初めてSAA委員になる方が入会されてもスムーズに出来るよう心がけていきます。

また、出席率の向上と出席人数の事前把握がしっかりとできるよう、事務局とも連携を取りながら進めていきたいと思います。

私自身はまだまだ知識も経験も不足しておりますが、皆様のお力をお借りしながら進めて参りたいと思います。

②プログラム委員会 (program)

原則としては、月間テーマにそって、各委員会と連携する事を主として考え運営する。そのためにも会員の皆さんの希望、知恵をいただく。

〇 ゲストスピーチ・会員スピーチを定期的に実施し、広い視野と見識を広げるための場となるよう努める。

〇 例会、移動例会、セミナー、冠例会、友好クラブ冠例会、クラブ協議会、兄弟姉妹クラブ行事と、多岐にわたるプログラムとなるが、充実したプログラムを目指したい。

③親睦・姉妹友好委員会 (Fellowship Activities & Sisters)

ロータリークラブは、親睦団体であり社交クラブであると言うのが、ロータリー活動の基本原則と言われています。

またロータリーで言う「親睦」とは「心の錬磨」にあるとも言われています。親睦の中に集い、その親睦の中に精神的要素が芽生え、心の錬磨を図り人格を高め見識が深くなるような、親睦・姉妹友好活動を目指したいと思います。会員及び兄弟姉妹友好クラブとの親睦・心の錬磨を図って行くため次のような活動を目指したいと思います。

1 家族例会(6回)

①だだちゃ豆家族例会

 8/20(火)(案内=家族・会津若松南・東京東江戸川・RAC・IAC・米山・青少年交換学生・ホストファミリー・事務局)

②黒豚賞味家族例会

 10/29(火)(案内=家族・RAC・米山・事務局)

③クリスマス家族例会

 12/17(火)(案内=家族・RAC・IAC・米山・事務局)

④寒鱈汁家族例会

 1/28(火)(案内=家族・会津若松南・東京東江戸川・RAC・米山・事務局)

⑤蕎麦・うどん打ち賞味家族例会

 3/24(火)(案内=家族・RAC・米山・青少年交換学生・ホストファミリー・事務局)

⑥孟宗汁家族例会

 5/19(火)or5/12(案内=家族・会津若松南・東京東江戸川・RAC・米山・青少年交換学生・ホストファミリー・事務局)

2 夜例会

最終例会 6/30(火)(会員による親睦及び慰労会)

3 呈茶会(2回)

①新年      (1月7日例会において)

②鶴岡RC創立記念 (6月9日例会において)

4 会員及び配偶者への誕生祝い

①会員本人  日本酒     本長商店(本間厚会員)

②会員配偶者 さおり織製品 (佐藤友行会員夫人)

5 金・銀婚式の会員と伴侶の方へ

該当ご夫妻をクリスマス家族例会で紹介し、記念写真を進呈

6 兄弟姉妹・友好クラブとは、お互いの冠例会や周年行事等の情報を交換し、より密接な繋がりを持続するような交流活動を行っていきたいと思います。

このページのトップへ

4.クラブ奉仕プロジェクト委員会 (Club Service Project)

今年度から常任委員会の構成が変わり、当委員会は5大奉仕の内、社会奉仕・国際奉仕・青少年奉仕を担うことになりました。

他委員会はもとより、他クラブ、地元の各種団体等とも協力しながら次の各委員会を中心に活動を行っていきます。

1 社会奉仕委員会

例年どおりの活動を踏襲していきますが、一部RACと協同で実施している香頭ヶ浜の清掃については場所、期日など検討します。

2 国際奉仕委員会

国際奉仕については、近年実施されてないと思います。当クラブとして国際奉仕を実施するならどうするかを勉強することとします。

3 IAC・RAC・青少年委員会

二つの委員会が今年度から一つに合併しましたが、例年どおりの活動を踏襲します。。

ただし、RACについては次の1点について追加します。

①社旗奉仕委員会と同じく海岸清掃については場所・期日を検討します。

具体的には書く委員会の計画によります。

①社会奉仕委員会(Community Service)

社会奉仕を通じて社会に貢献していくことはもちろんですが、共に汗を流し、会員相互の絆を更に深めていきたいと思います。

1 地区補助金の活用

今年度は湯野浜温泉の足湯所の改修工事を実行いたします。

また、次年度の地区補助金の申請については会員の皆さんのご意見を伺いながら申請を行ないたいと思います。

2 他ボランティア団体との協力促進

インターアクト、ローターアクトクラブ等と連携協力しながら、内川清掃への参加、湯野浜の海岸清掃などを実施していきます。

②国際奉仕委員会(lnternational Service)

今年度の国際奉仕委員会では「グローバル補助金」についての勉強会を開催する予定です。

みなさん、ご協力よろしくお願いいたします

③IAC・RAC・青少年委員会(Interact & Rotaract & Youth)

①インターアクト、青少年交換 ②ロータアクト の委員会が一緒になった年度に前年度培ってきた交流と支援を継続してまいります。

1 インターアクト

鶴岡東高等学校インターアクトクラブ顧問の先生と連携をとりながら支援してまいります。

・だだちゃ豆家族例会、クリスマ家族例会での会員との交流

・湯野浜海岸清掃でのローターアクトとの交流

2 青少年交換

今年度も世話クラブに計画されていませんので、2ブロック内留学生を例会へ招待等を通じて交流を図ります。

3 ローターアクト

鶴岡ローターアクトクラブ例会に参加して支援してまいります。

・例会参加

・会員増強

・湯野浜海岸清掃

・ロータリアンとの交流

会員皆様の御協力をお願いいたします。

このページのトップへ

5.ロータリー財団委員会(Rotary Foundation)

1 ロータリー財団委員会はロータリー財団、米山奨学・学友委員会でそれぞれ地区目標があります。
 委員会の報告、委員会主体の勉強会、また米山奨学生のサブ世話クラブの登録を行い奨学生からの卓話などにより、皆様からご理解を頂き、目標を達成していきたいと思います。

 

 ロータリー財団 目標150$/人

 米山奨学・学友 目標15,000円/人

 

ご協力宜しくお願い致します。

①ロータリー財団委員会 (Rotary Foundation)

ロータリー財団年次寄付は、一人150ドルを目標とします。例年同様クラブ伝統である250運動を今年も実践致します。

会員の皆様には、ロータリー財団への寄付金に対するご理解を頂き、この一年間宜しくお願い致します。

②米山奨学・学友委員会 (Yoneyama Memorial、Alumni)

昨年度に掲げた目標額は、今年度は残念ながらまだ達成されていないようです。次年度は米山奨学制度への会員の理解をより深める活動を積極的に行いながら、お一人20,000円を目標にして、最低でも18,000円を達成できればと考えております。

平成31年3月末でマリエッタが奨学生を終了し、次年度はサブ世話クラブとして活動する予定です。

このページのトップへ